千葉介護求人NAVIが教える ~要介護認定の区分について~

千葉介護求人NAVIが教える ~要介護認定の区分について~ イメージ

要介護1
・みだしなみや掃除などの身の回りの世話に、手助けが必要。立ち上がり、歩行、移動の動作に支えが必要とするときがある。

・排泄や食事はほとんど自分でできる。問題行動や理解の低下がみられることがある、など。

・日用生活は、ほぼ1人でできる。

 
要介護2
・みだしなみや掃除など身の回りの世話の全般に助けが必要。立ち上がりや歩行、移動になんらかの支えが必要。

・排泄や食事に見守りや手助けが必要なときがある。問題行動や理解の低下がみられることがある、など。

・日常生活のなかの動作に、部分的に介護が必要。

 
要介護3
・みだしなみや掃除など身の回りの世話、立ち上がりなどの動作がひとりでできない。歩行や移動など、ひとりできないことがある。

・排泄が自分でできない。いくつかの問題行動や理解の低下がみられることがある、など。

・日常生活の動作の中で、ほぼ全面的に介護が必要。

 
要介護4
・みだしなみや掃除など、立ち上がり、歩行などがほとんどできない。

・排泄がほとんどできない。多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある、など。

・介護なしでは日常生活が困難。

 
要介護5
・みだしなみや掃除など、立ち上がり、歩行や排せつ、食事がほとんどできない。

・多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。ほぼ寝たきりの状態に近い、など。

・介護なしでは日常生活が送れない。
要介護認定とは、”介護が必要な必要量”を示す尺度。どのくらい介護サービスを行う必要があるか、7つのランクに分けて判断します。

 

 
その7段階とは、「要支援1」「要支援2」「要介護1」「要介護2」「要介護3」「要介護4」「要介護5」。
要支援1、2は「生活機能が低下し、その改善の可能性が高いと見込まれる」状態。要介護は「現在、介護サービスが必要である」という状態で、数字が大きくなるほど、より介護が必要であることを表しています。

お役立ち情報の一覧へ