千葉介護求人NAVIが教える ~介護事務とは~

千葉介護求人NAVIが教える ~介護事務とは~ イメージ

介護事務とは

介護事務が働く職場は、デイサービスやショートステイ、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、訪問看護ステーションなどの介護サービス事業所が主になります。損害保険会社や保険請求審査機関などで働く人もいます。

 

 

主な仕事内容
・サービス事業所の受付や電話対応
・介護報酬請求業務(通称:レセプト)
・従業員のシフト管理や給与計算などの事務全般
・ケアマネジャーの業務のサポート  等

 

 

介護報酬請求業務とは、介護報酬を受け取るために必要な請求を行うことです。介護報酬の1割または2割をサービス利用料としてお客様に請求し、介護報酬の9割または8割を介護給付・予防給付として保険者である市町村に請求します。

介護サービスにはさまざまな種類があり、項目ごとに点数が決められています。この点数に沿った形式で明細書(レセプト)を月に1度、パソコンの専用ソフトを使って作成します。

施設の運営と収入に関わるもので、ミスをすると介護報酬が正しく支払われず、施設の運営を圧迫する原因にもなりかねない、正確さを求められる業務です。

 

 

現場の仕事はやるのか?

介護事務は介護施設で働くということから、介護の仕事もするのだろうか、という疑問を持つ人も多いようです。介護事務の業務としては、職種的には事務作業に分類されるもの。そのため、基本的には介護の仕事を行うことはありません。

しかし、介護施設では恒常的に人手が不足していると言われています。そのため、施設によっては手が空いていれば手伝うなどの柔軟な対応を期待される場合も。

介護事務の仕事が最も忙しいのは、月1回の介護保険請求業務の時期。この時期以外は、他の仕事の手伝いをしている介護事務員も多いようです。

人材募集の際には、介護事務のみの資格を持った人よりも、介護事務+ホームヘルパーなど、介護の資格を合わせて持っている人の方が、有利になる傾向があります。

また、介護事務員が介護の仕事を手伝うというよりも、ヘルパーやケアマネージャーのような介護職の人が介護事務としての仕事も行う、というケースが多く、介護事務専任の人を採用している施設はあまり多くないようです。

そのため、逆に介護職として仕事をしたい場合に、介護事務の資格を持っていれば、重宝されるでしょう。

お役立ち情報の一覧へ