千葉介護求人NAVIが教える ~処遇改善手当とは~

千葉介護求人NAVIが教える ~処遇改善手当とは~ イメージ

処遇改善手当とは



処遇改善手当は介護職員の賃金改善と雇用の安定化を目的に設けられた制度です。
この手当は処遇改善加算としてサービス料に上乗せして請求され、それにより得た収入を介護職員へ還元するものとなっています。
平成21年にその前身となる「介護職員処遇改善交付金」が設けられ、平成24年度から介護職員処遇改善加算としてスタートしました。
この介護職員処遇改善加算はどの事業所でも受けることができるわけではなく、指定基準を満たし、介護職員の処遇改善のための取り組みを図っている事業所であり、それを届け出て認められた上で受けることができる加算です。
処遇改善加算には事業所の取り組みのレベルに応じて加算率の段階があります。
制度の始まった平成24年度は加算が1〜3の3段階、平成 27 年度からは1~4 の 4 段階、と変遷を経て、この平成 29 年 4 月からは 1~5 の 5 段階となっています。

 

 
処遇改善手当の支給対象は
処遇改善加算は介護職員の賃金改善のために設けられたものですので、その支給の対象者
も介護職員と定められています。
この介護職員とは、デイサービス、入所施設などで直接介護にあたっている職員になり、この場合資格の有無は問いません。
しかし介護職以外の、例えば栄養士や理学療法士など、他の職種に従事している場合は支給の対象外となります。
また、直接介護を行わない管理者やケアマネジャー、サービス提供責任者も支給の対象と
はなりません。
あくまで直接介護を行っている者に対しての支給となり、そういう意味では正規職員やパートなどの雇用形態は関係なく、支給されることになります。
実際の現場では管理者や相談員・看護師などが介護を兼務している場合があります。
その場合は、サービスごとの指定基準上、兼務が認められており、職員配置が必要以上されている場合は処遇改善手当の支給対象となります。

お役立ち情報の一覧へ