千葉介護求人NAVIが教える ~介護・夜勤の仕事について~

千葉介護求人NAVIが教える ~介護・夜勤の仕事について~ イメージ

まずは夜勤の手当についてご説明します。

 

夜勤は「深夜勤務」となり「深夜業手当」の対象になります。この場合の「深夜勤務」とは22:00から翌朝5:00までのことを指します。「深夜業手当」は夜勤手当とも呼ばれますが、労働基準法では通常勤務の賃金の2割5分増しと決められています

2交替夜勤の夜勤手当の平均額は6,335円になっています。ただ、施設の種類によって、また正規職員と非正規職員でかなり差があることがわかります。
ただし、求人募集などで夜勤専門「日給15000円」などと表示されている場合は、日給に夜勤手当がプラスされています。これから夜勤介護の場合は間違えないよう気を付けましょう。

勤専従だけで
1ヶ月の月収は28万~30万前後でした。
(11回~12回の夜勤をした場合)
 
夜勤専属の介護業務は頑張って入れば入るだけ給料も高くなります。
 
夜勤専属の介護の仕事は夜勤手当が1勤務あたり、高いところで3万円以上貰える施設も多くあります。

夜勤は2交替制を取っているところが全体の86%で、その7割は16時間以上の長時間労働になっています。また、夜勤を1人で行う「1人夜勤」も多く、さまざまな問題を招いていると指摘しています。

夜勤専従で介護の仕事を探す時のポイントは

■利用者さんの要介護度が低い

■小規模で利用者さんの数が少ない

当社の担当が一緒に探させていただきます。

お役立ち情報の一覧へ