千葉介護求人NAVIが教える 〜介護保険料について〜

千葉介護求人NAVIが教える 〜介護保険料について〜 イメージ

介護保険料の仕組みはどうなっているの?

 



介護保険制度では、税金投入50%と保険料50%として財源をまかなっています。
そして介護保険料については40歳以上の国民が支払い、年齢制限はありませんので、亡くなるまで支払うという制度です。

 

 

介護保険料の計算にあたっては年齢で区分されています。
65歳以上を第1号被保険者とし、40歳~64歳までの第2号被保険者として保険料の算定方法が違っています。以下をご覧ください。

 

 

65歳以上の介護保険料
65歳以上である第1号被保険者の介護保険料は、市町村ごとに決められています。
そのためそれぞれ市区町村で違うということになります。では、各市区町村では、どうやって保険料を決めているのでしょうか?

 

 

各市区町村では、まず介護サービス給付額の見込みに基づいて3カ年(現在は平成24年度から平成26年度まで)の予算を決めます。その予算総額の21%の額が第1号被保険者の保険料になります。

 

 

その総保険料を、各市区町村で管理している65歳以上の第1号被保険者の総数で割って年間の介護保険料を算出します。

 

 

これが「介護保険料の基準額(年額)」となります。しかしながら、所得の低い方にも基準額の保険料負担とはいかないため、所得基準を段階に分けて、基準額にそれぞれの保険料率を掛けて各被保険者の保険料を決めています。これも市町村によって違い6段階という分け方から、さらに細かく分けて15段階というところもあります。

お役立ち情報の一覧へ